ミツビシ ランサーエボリューションX(Mitsubishi Lancer Evolution Ⅹ) 自動車 ドレスアップ & 自動車 カスタム 情報 「tuned69.com」

ミツビシのトップへ

「tuned69.com」のトップへ

no3.ミツビシ ランサーエボリューションX
(Mitsubishi Lancer Evolution Ⅹ)

ミツビシ ランサーエボリューションXは、2007年4月26日発表、2007年10月1日発売されたモデル。2005年東京モーターショーでこれの原型となるコンセプトカー『Concept-X』を発表。その後2007年デトロイトモーターショーでConcept-Xをより製品版に近くした新型ランサーエボリューションおよび次期ランサーのプロトタイプとなるコンセプトカー『Prototype-X』を展示していた。ランエボXはそれを市販化したものである。ランエボXは、ギャランフォルティスとシャーシは共有しているものの、ランエボXの方が前輪を15mm前に出した分ホイールベースが長くなっているほか、ボディは前後オーバーハングを切り詰めて全長を75mm短くして旋回能力を高めている。また全高も10mm低くし、逆にトレッドと全幅を長くして走行安定性を高めている。トランスミッションにはトルクコンバーターを使わない新開発の6速オートマチックトランスミッション「Twin Clutch SST」とオーソドックスな5速マニュアルトランスミッションが搭載される。エンジンはこれまでの4G63ではなく、新開発のオールアルミブロックエンジンの4B11を搭載している。4B11は4G63より軽量化されており、トルクはMIVECと組み合わせにより422Nm(43.0kgm)に増強、レスポンスが強化されている。なお、自動車馬力規制が解除された後もエボXは206kW(280馬力)にとどまったが、その理由としてエボといえど市販車である以上「扱いやすい高性能」を目指し、無駄な出力競争を避けるためと三菱は説明している。4WDシステムは新開発の車両運動統合制御システム「S-AWC」が搭載される。ジェット戦闘機をモチーフにデザインされた大きく開いたフロントグリルが特徴的である。

今回のミツビシ ランサーエボリューションXは、ワイドボディ・艶消しオレンジ・ENEOSな一台です。まずワイドボディは純正でもワイドなフェンダーを更に強調するデザイン。ボディカラーは、艶消しカラーが流行している中、派手なカラーの艶消しで非常にレーシーな印象を受けます。ホイールは、SSRの「MS1」グレーシルバーの19インチ。11Jというワイドなサイズを見事に飲み込んでいます。ENEOSがスポンサーしていて、凄いカッコイイ。ランエボX、誰かやっちゃってください。

ミツビシ ランサーエボリューションX(Mitsubishi Lancer Evolution Ⅹ)1
ミツビシ ランサーエボリューションX(Mitsubishi Lancer Evolution Ⅹ)2
ミツビシ ランサーエボリューションX(Mitsubishi Lancer Evolution Ⅹ)3
ミツビシ ランサーエボリューションX(Mitsubishi Lancer Evolution Ⅹ)4
ミツビシ/MITSUBISHI
TOP
「tuned69.com」とは?
ブログ

日本車
トヨタ/レクサス
ニッサン/インフィニティ
ホンダ/アキュラ
スバル
ミツビシ
マツダ

輸入車(ヨーロッパ車)
ベンツ/AMG
BMW
アウディ
フォルクスワーゲン
ポルシェ
フェラーリ
ランボルギーニ
アストンマーチン
ロールスロイス
ベントレー
マセラティ
ジャガー
ヨーロッパ車 その他


輸入車(アメリカ車)
シボレー
フォード
ダッジ
キャデラック
クライスラー/ジープ
ハマー

自動車 ドレスアップ & 自動車 カスタム 情報[tuned69.com]

ミツビシのカスタム・ドレスアップ情報は自動車 ドレスアップ&自動車 カスタム情報「tuned69.com」バナー広告

バナー広告募集